2018/1/29

生田拓夢  (吉島東小学校)  

学院中学・修道中学 合格

 

 僕は小学4年生の時から中学受験の勉強をしてきました。4年生の時は、まだ受験というものをよく知らず、ただ少し難しい勉強をしているだけという感じでした。そして5年生になってから少しだけ真剣に受験について考えるようになりました。自慢をするわけではありませんが、僕はずっとテストで高得点を出していました。  しかし、ここで僕は満足してしまい勉強から手を抜いてしまいました。結果、点数は下がり200点(4科目300点満点のテスト)をキープしていたテストも100点台に下がってしまいました。そんなこともありつつ6年生になってからいよいよ受験の年だと気を引き締めて、塾も一日も休まず、本気で勉強に集中しました。その努力が実り、僕は念願の修道中学に合格し、学院中にも合格出来ました。高みを目指し努力を続けることが大切だと改めて感じました。

 

中本帆香 さん (吉島小学校) 

ノートルダム清心中学・広島女学院中学・なぎさ中学 合格

 

 私が受験勉強を始めたのは、5年生の夏期講習からです。スタートが少し遅かったので、塾の宿題は真面目に予習と復習に力を入れました。模試で志望校のノートルダム清心中の合格が自分の実力ではとても難しいことに気付き、冬期講習でしっかりと「復習」と「直し」をしたため、清心中に合格することができました。後悔なく受験勉強ができたことがとても嬉しく満足しています 
 受験をする人も合格の道を開くために油断しないで、後悔のないよう勉強をしてください。